自治体議員立憲ネットワーク
沖縄知事選挙「意見広告」を呼びかけます!

自治体議員立憲ネットワーク会員・サポーターの皆様へ緊急のお願い

                                             共同代表・世話人会

ご存知の通り、翁長雄志・沖縄県知事の逝去に伴う知事選が9月30日に行なわれます。
翁長知事は、沖縄県民の民意を背負い、基地負担を迫る米軍と安倍政権に対し敢然と立ち向かって来ました。知事の「埋め立て承認撤回」は病状の進む中、文字通り身を削り最後の力を振り絞っての行動であり、事実上の「遺言」ともなっています。
この遺言を実現できるかどうかがこの知事選にかかっています。そしてこの知事選は、沖縄や基地問題だけでなく、この国の民主義や自治のありようを問うものとなります。
想い起こしてください。私たち自治体議員立憲ネットワークの最初の議員研修は沖縄であり、そこで翁長さんの記念講演を受けたことを忘れてはなりません。また、私たちの結成と活動は、翁長知事と、知事が率いた沖縄の人びとの声に励まされ、後押しされたものであったと言って過言ではありません。
私たち共同代表・世話人は、知事選まで時間が限られている中で、この沖縄知事選の重要性と私たちのなすべき活動を真剣に議論し、慎重論や批判的意見も十分踏まえた上で、沖縄のメンバーとも協議し、同封呼びかけの通り、緊急に意見広告運動を呼びかけることとしました。
呼びかけ文と要綱、広告案(内容・デザインは仮のもので、現地のメンバーなどと協議しながら詳細を確定します)をご覧いただき、心ある皆様のご協力をぜひお願いいたします。
なお、呼びかけ文に申込期限を明記しておりませんでしたが、広告の版下を確定する関係で、申し込みは8月31日(振込はその後でも構いません)まででお願いします。時間の余裕のない呼びかけであることをお詫びし、重ねてご協力をお願いいたします。

2018年8月20日
自治体議員立憲ネットワークの呼びかけによる沖縄知事選挙「意見広告プロジェクト」

故・翁長雄志・沖縄県知事の逝去に伴う県知事選が9月13日告示・30日投開票で行なわれます。
4年前、「オール沖縄」を土台にして「イデオロギーよりアイデンティティ」を掲げ、沖縄の人びとの熱い支持で翁長雄志知事は誕生しました。翁長氏は、米軍と日本国政府に対して真っ向から立ち向かい、沖縄の主権と自然環境、人びとの命と暮らしを守るために、文字通り身を削って闘って来ました。翁長氏が訴えた「基地の県外・国外移転」は沖縄の人びとの叫びであり、「琉球処分」に始まる近代日本国家による抑圧・差別・切り捨ての歴史に対する厳しい問題提起でもあります。
志半ばで倒れた翁長氏が問うたのは、基地問題にとどまらず、地方自治や民主主義を踏みにじるこの国の政治の姿であり、それを許している「本土」の人びとの意識のありようです。私たちは、沖縄の人びとに犠牲を強いてきた日本国家の主権者として、重い責任を負っているという自覚を持つ必要があります。
知事選に向け、政権与党側は「政権との関係改善」「沖縄の地域経済」を掲げて全面的な準備活動に入っています。一方、翁長氏を支持して来た勢力は、翁長氏の遺志の継承と実現のために、限られた時間内で候補の選定作業を急ピッチで進めています。
私たち「自治体議員立憲ネットワーク」は、自治体議員の立場から「立憲主義と平和主義」を掲げ、安倍政権による集団的自衛権の容認に基づく安保法制や立憲主義の破壊に反対して来ました。沖縄基地問題は、私たち、とりわけ「本土」在住のメンバーにとって、自らの存在が問われる最重要課題のひとつです。
今回の知事選でも、私たちの責務として、さまざまな形で支援しなければなりません。しかし実現可能な選択肢は残念ながら限定的です。私たち共同代表・世話人会は、沖縄のメンバーとも協議し、沖縄の民意を本土の側でもしっかりと受け止め、この国の政策の転換に向けて私たち自身も全国各地の現場で努力するとともに、翁長氏の遺志を受け継ぐ沖縄の人びとの運動を支援する意思を表明するために、「全国自治体議員1000人」による沖縄紙への意見広告運動を提案したいと考えます。
知事選挙は短期決戦であり、私たちにも時間的余裕はありません。どうか心ある自治体議員の皆さんの協力を訴えます。
※ただし、まだ知事候補者の決定に至っておらず、知事選挙への影響、公職選挙法の制約など最終的な「意見広告」の時期・内容等については沖縄立憲ネットの判断を尊重しながら協議します。また、目標額を上回る部分は翁長氏の意思を受け継ぐ活動への寄付とします。

<運動への賛同申込みについて>
○拠出金は1口5000円、できれば2口以上をお願いします。本申込書を提出するとともに、下記の郵便振替口座に振り込むか、各地区の関係者にお支払いください。
○市民の皆様の協力も求めています(ただし申し訳ありませんが氏名は掲載されません)。金額は自由です。
郵便振替00190-8-450176 自治体議員立憲ネットワーク*通信覧に「沖縄意見広告」〇口(口)または〇円と記入ください。

問い合わせ先 自治体議員ネットワーク 沖縄知事選挙意見広告プロジェクト 054-209-5677